JavaScript (Node.js): 開発環境

Node.js とはイベントドリブンな IO を扱うサーバーサイドプラットフォームで、シングルスレッドな分、イベントドリブンが得意な JavaScript によってプログラミングを行います。

JavaScript は今までフロントサイド(ブラウザ上)で、主に DOM イベントで活躍していましたが、サーバーサイドではファイルやネットワーク入出力イベントで活躍します。parseIntconsole などのおなじみの API も使用できます。

ローカル開発環境の準備

Mac の Terminal で作業します。
NodeBrew で環境をセットアップします。

Node.js のインストールが完了したらターミナルを立ち上げてバージョンの確認をしてみましょう。
$ の後にコマンド node -v と入力してバージョンが出たら成功です。

$ node -v
v0.8.22

エディタ

Nodejs sublimeCodeIntel

Sublime Text に SublimeCodeIntel でインテリセンスとかコードコンプリートとか色んな呼び名があるそれを可能にしておいて、Node のパッケージを入れておくと、入力中に Node の API がポンポン出てきて便利です。