C# (WinRT): 開発環境

Visual Studio Express 2012 for Windows 8

Visual Studio Express 2012 for Windows 8 を使用します。
Windows ストアアプリ (Windows 8 専用アプリ) 用の簡易的な開発環境です。ですが、シミュレータやデザインビュー専用ツール Expression Blend も同梱し、開発から配信まで一連の作業を十二分に行うことが出来ます。

Microsoft はより強力な機能を搭載した有料の高機能版を発売しています。おすすめの Visual Studio Professional 2012 は、Windows デスクトップアプリ開発、Windows Phone アプリ開発、Web 開発、データベース開発、サーバー開発、Office ツール開発用の機能をコンパクトなワンパッケージにしており、さらにチームでの開発に便利な機能や、よりアプリを軽快に動作させるよう最適化するためのパフォーマンス分析ツールなども備えています。

アプリの配信

Windows Store Developer Center に登録すると、Windows Store でリリースできるようになります。

WinRT について

旧来の「デスクトップ環境」では、アプリは Win32 API または .NET Framework を使用して開発されているのに対し、「Windows 8 スタイルアプリ」は、WinRT API を使用して開発されているため、本サイトでは Windows ストアアプリの実行環境を WinRT と呼んでいます。

WinRT は OS である Windows RT と Windows 8 共通の API で、Windows RT と WinRT は全く別ものを指しています。