JavaScript (Node.js): Nodebrew で環境セットアップ

Node.js をマシンにセットアップするなら Nodebrew が一番よさそう(というか鉄板)。
https://github.com/hokaccha/nodebrew

 

Nodebrew を入れる

Mac OS X ターミナルで作業します。
まずセットアップ。

$ cd
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

パスを通す。

$ vi .bash_profile

.bash_profile (Mac でターミナルを立ち上げたときにデフォルトで実行するコマンド群を定義するファイル)に export 文(環境変数の設定)を追加します。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

再読み込みしてバージョン確認。

$ source .bash_profile
$ nodebrew version

コマンド一覧とかバージョンが出たら OK。

 

Node.js のインストール

最新の安定版 (stable) をインストール。

$ nodebrew install-binary stable

「install」だと遅いので install-binary を使って時短。
インストールされているバージョンを nodebrew list で確認。

$ nodebrew list
v0.8.25
v0.10.16
v0.10.24
v0.11.5

奇数は開発ビルドというお約束なので v0.10.24 が最新っぽいが、「stable」で叩く。

$ nodebrew use stable
use v0.10.24

v0.10.24 になった。
これで npm とかも付いてるのでパッケージ入れ放題。

 

Nodebrew 自体のメンテ

$ nodebrew selfupdate
fetching nodebrew...
update successfull

Nodebrew を最新化できる。たまにやっとく。