ActionScript 3 (Flash/AIR): Starling 導入

Starling とは

Flash で GPU (Stage3D レイヤー) を活用して高速に 2D 描画する ActionScript 3 ライブラリ。
Flash プラットフォーム上で動作するので、PC ブラウザや AIR として iOS、Android で動かせる。
基本的に Flash Builder で開発するのがスタンダードっぽい。

Flash Player 11/AIR 3 前提になる。最近の Flash 入っているマシンは Flash Player 11 である事がほとんどなので「入っていない」を無視すれば Web でも有用。

ダウンロードはここ
http://gamua.com

 

Starling 導入

Starling Framework を Flash Builder にインポートします。

Starling のルートフォルダ/starling

Flash Builder ファイルメニュー→インポート→Flash Builder プロジェクト→プロジェクトフォルダのインポートで上記ディレクトリを指定。

デモプロジェクトをインポートして試してみます。

Starling のルートフォルダ/samples/demo_mobile
Starling のルートフォルダ/samples/demo_web

インポートしたプロジェクトを右クリック→プロパティから、リソース→リンクされたリソースに、変数 STARLING_FRAMEWORK を追加。

名前 STARLING_FRAMEWORK
Starling フレームワークのルートフォルダ(ダウンロードして解凍したフォルダ)を指定。

 

インポート時のよくあるエラー

アプリケーション記述ファイルの名前空間 3.8 のバージョンは、AIR SDK  で必要とされる最小限のバージョンの 3.9 以上であることが必要です。	Demo_Mobile-app.xml

AIR SDK 3.8 を俺が入れてないせい。
最新の AIR SDK はここから落とせるので、落としたバージョンに合わせる。(この場合は 3.9)
http://www.adobe.com/devnet/air/air-sdk-download.html

<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/3.8">

<application xmlns="http://ns.adobe.com/air/application/3.9">

リリースビルドの書き出しをすると swf ができ挙動が確認できます。

iOS 実機にインストールするには iOS Dev Center プロビジョニングを発行し、p12 をキーチェーンアクセスで作成する必要があります。
ヌルヌル Flash が実機で動いてビックリ。

 

Starling Scaffold

Starling のルートフォルダ/samples/scaffold_mobile

Starling コンテンツを作る際のひな形。

画面サイズの調整やアセットの読み込み、シーン遷移、ある程度初期準備をしてくれている。
プロジェクトフォルダまるまるコピーして使うとよさげ。