Ruby: 開発環境

Mac で Ruby の開発環境を整備します。

Xcode を入れて、Xcode Commandline Tools を入れて、HomeBrew を入れます。

HomeBrew 導入
http://snippets.feb19.jp/?p=740

git 基本設定
http://snippets.feb19.jp/?p=900

rbenv 入れる

Ruby のバージョン管理ツール rbenv を入れます。

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
$ mkdir -p ~/.rbenv/plugins
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

パスを通します。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> .bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> .bashrc
$ exec $SHELL -l

Ruby を入れる

いよいよ Ruby を入れます。
rbenv で利用可能な Ruby バージョンを列挙します。

$ rbenv install -l

最新っぽいやつを入れます。

$ rbenv install 2.0.0-p353
$ rbenv rehash

rbenv の構成を変えた場合は rehash を行います。

rbenv でインストール済みのバージョンを確認。

$ rbenv versions

入れたバージョンに切り替えます。

$ rbenv global 2.0.0-p353

Ruby のバージョンを確認する

$ ruby -v
ruby 2.0.0p353 (2013-11-22 revision 43784) [x86_64-darwin13.0.0]

Bundler 入れる

$ rbenv exec gem install bundler
$ rbenv rehash

インストールされている gem 一覧の表示

$ rbenv exec gem list

gem がインストールされている場所を調べる

$ rbenv exec gem which bundler