JavaScript (Node.js): Express でスケルトン(プロジェクト)を作成する

$ cd ~/Documents/node/study
$ express express_sample -s -e ejs
$ ls
express_sample

express_sample というディレクトリが作成されます。
このプロジェクトではセッションのサポート [-s] と、EJS というテンプレートエンジンを使用 [-e] します。

ちなみに Node.js は日々新しくなっており、古い解説だと、-e ではなく -t と説明している事もあります。
-t ejs としてしまうと、EJS ではなくデフォルトの Jade が使用されてしまいます。

 

依存関係を解決するために npm install します。

$ cd express_sample
$ npm install

依存するモジュールが expres_sample/node_modules としてインストールされます。

 

構造的にこんな感じになるはず

express_sample
+ node_modules (使用するモジュール)
+ public (静的ファイルを入れる)
  + images
  + javascripts
  + stylesheets
+ routes(ルーティングハンドラファイル .js を入れる)
+ views(ビューファイル .ejs とか .jade などを入れる)
- app.js(メインjs)
- package.json(パッケージの定義ファイル)

※ + がディレクトリ – がファイル

これでテンプレートを使ったウェブ開発が行えるようになりました。

 

ルーティングハンドラファイル

ルーティングというのは、URL で / にアクセスしたら routes.index メソッド、/topic でアクセスしたら routes.topic メソッドを実行するということです。

これらのメソッド定義は routes ディレクトリの中のルーティングハンドラファイル (JavaScript) に書いていきます。

EJS テンプレート

views の中には HTML でビューを書いていくのですが、EJS などのテンプレートファイルを入れる事が出来ます(というか Express を使う理由がそれだったりするし)。EJS テンプレートの解説はこのページでもう少し詳しく行っています。