C++ (openFrameworks) 開発環境

Xcode か VisualStudio または CodeBlocks が使用できます。
iOS 系との連携は Xcode が必要です。

どの開発環境を選んでも全てに対応するプロジェクトファイルが作られます。
ソースファイルの C++ ファイルは共通のものを使うので、いつでも開発環境を変える事が出来ます。

ここでは Xcode での実行結果を記録します。