Cent OS (Linux): Apache 導入

インストール方法

$ sudo yum -y install httpd

(一応)アンインストール方法

$ sudo yum remove httpd

rpm コマンドに -qa オプションつけるとバージョンが確認できる

$ rpm -qa httpd
httpd-2.2.15-15.el6.centos.1.x86_64

 

設定ファイル (httpd.conf)

$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# ServerTokens OS
ServerTokens Prod ← 攻撃者にヒントを与えないよう ServerToken を最小にする

#ServerName www.example.com:80
ServerName XXX.XXX.XXX.XXX ←ドメイン指定 (ドメイン持ってないから IP そのまま)

# ServerSignature On
ServerSignature Off ← エラーページでサーバー情報を出力しないようにする

# AllowOverride None
AllowOverride All ← 個別の .htaccess を有効化

保存して設定文法に問題ないかチェック

$ sudo apachectl configtest
Syntax OK

 

起動

$ sudo service httpd start
Starting httpd:                                            [  OK  ]

自動起動を設定

$ sudo chkconfig httpd on
$ chkconfig --list httpd
httpd          	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

自動起動

$ sudo service httpd restart

 

HTML を表示する

/var/www/html/ に HTML を置く。
初期では /var/www/ のオーナーが root になっているので自分ユーザーのグループにオーナーを変更しておく。

$ sudo chown -R USER:wheel /var/www/

/var/www/html/ 以下に適当に index.html を置いてみる

$ echo "INDEX HTML" > /var/www/html/index.html

httpd.conf に設定したドメイン (IP) をブラウザで表示してみて(http://{ServerName})、INDEX HTML が表示されれば OK。